脂肪の代わりに筋肉を失ってしまう習慣

カロリー摂取量を減らしすぎている

基礎代謝の維持に必要なカロリーを摂取していないと、体が飢餓モードに入り、脂肪だけでなく筋肉も燃料として使い始める。

 

タンパク質が不足している

食べる量だけではなく、何を食べるかも大切なのがダイエット。

筋肉の栄養となるタンパク質が不足していると筋肉は減ってしまう。

 

筋トレをしていない

筋肉を維持するためには、体を追い込むことが必要。

筋肉を刺激しないと、体はそれ以上筋肉を作ろうとしない。

低カロリーダイエットをしているのにトレーニングを怠っていれば、絶対に筋肉が付かないどころか筋肉を失うことになる。

 

ワークアウト後のエネルギー補給をしていない

ワークアウト後の燃料補給は、筋トレの重要性と同じだけ大事。

ワークアウト後に食べないと体が回復しない可能性が高い。

疲弊した筋肉は修復されなければ失われる。

 

***********************

名古屋市天白区No. 1の規模のパーソナルジム!

パーソナルトレーニング(フィットネス、ダイエット)のことならLAPISのトレーナーにお任せくださいませ!!

#完全予約制になります。

_____________________________________

〒468-0053

愛知県名古屋市天白区植田南1-203

TEL:052-217-6309

***********************

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP